将来性ある事業を安心して始めるために

FCの介護ビジネス起業ガイド » 介護事業の種類 » 訪問介護

訪問介護

ご自宅などに伺って生活のお手伝いをします

訪問介護はホームヘルプサービスとも呼ばれ、介護事業全体のなかでも大きな需要を占めています。

ケアマネジャーが作成した介護プランを基に、要介護者や要支援者が生活しているご自宅もしくは老人ホームなどの施設を、介護福祉士またはホームヘルパーが訪問。入浴、排せつ、食事、その他の日常生活上の生活援助サービスを行う事業です。

 

ホームヘルプサービスに必要な人員

  • 管理者
    専従・常勤の管理者1名が必要となります。この管理者については介護福祉士やホームヘルパーの資格がなくても構いません。逆に後述の「サービス提供責任者」が管理者を兼務することも可能です。
  • サービス提供責任者
    「介護福祉士」、「ホームヘルパー1級」、「ホームヘルパー2級かつ実務経験3年以上」のいずれかに該当し、常勤の職員である条件を満たした者を選出しなければなりません。
  • 訪問介護員
    常勤換算で2.5名以上の配置が必要となります(例:常勤2名+非常勤1名など)。また、介護福祉士もしくはホームヘルパー1~3級の取得者でなければなりません。

以上が訪問介護の事業所に最低限必要な人員となります。

比較的低予算で参入可能

訪問介護事業は、利用者の自宅を訪問してのサービスであるため、通所介護のような所定の施設を確保したり改修工事をしたりといった設備投資の必要がありません

既存の施設や事務所、あるいは自宅を事務所とすることも可能で、異業種からでも参入しやすい事業といえます。

その反面、公共交通機関が利用できない地域などでは、訪問介護員の移動手段の確保が必要となります。

 
よくわかるFC介護ビジネス起業ガイド