将来性ある事業を安心して始めるために

FCの介護ビジネス起業ガイド » フランチャイズ起業ナビ » 介護における個人経営とFCの比較

介護における個人経営とFCの比較

個人での起業とフランチャイズ加盟、どっちが成功する?

一般論としてのFC方式については「FCの長所と短所」のページでご紹介しましたが、ここでは介護事業における個人経営とFC方式を比較してみましょう。

はじめに言ってしまえば、個人で介護事業を立ち上げるには、一般的な飲食店などよりも、一層大きな困難がいくつも待ち構えています。

 

ハードルの高い、個人での介護事業

  • 1、書類準備・事業申請
    まず、介護事業は都道府県の指定を受けなければならず、その書類準備や申請などに大きな手間と時間がかかります。
    また、介護という事業の性質上、地域の医療関係者や自治体との連携が不可欠ですが、このコネクション作りにも膨大な時間を要します。
  • 2、広告宣伝費
    また、個人事業ゆえの知名度の低さと、それに伴う顧客の確保の難しさ、介護スタッフの確保の難しさ、宣伝・広告費用の大きな費用負担が避けられません。
  • 3、資本金額の算出
    そして介護事業ならではの最も大きな困難は、運営資金の問題です。個人経営の場合、介護事業は自転車操業になりがちです。
    たとえ、まとまった数の利用者を確保できていたとしても、いわゆる黒字倒産のような事態が起こりやすい環境にあります。

資金によほどのゆとりが無い限り、資金繰りの苦労は絶えません。
その最大の理由は国からの介護保険の支払いが2ヶ月後になるという特殊な制度によるものです。事実、私自身もこれが原因で、個人事業の継続を断念した経験があります。

介護事業におけるFCのアドバンテージ

  • 1、書類準備・事業申請
    一方、FCで介護事業に参画する場合、本部からのノウハウ提供や様々な支援策により、事業を軌道に乗せるまでの時間や負担は大きく軽減されます。
    申請書類の作成から始まり、指定が下りるまでの時間を利用した研修、人員確保のための支援、事業開始後も随時行われる運営指導など、個人経営で到底得られない支援を受けられます。
  • 2、広告宣伝費
    利用者の確保にしても、知名度を確立しているブランド名のもと、本部が行う宣伝・広告活動の恩恵が受けられます。
  • 3、資本金額の選出
    運営資金に関しても、業務の一部を本部にアウトソーシング化し人件費を抑えたり、ロイヤリティ支払い額の調整も行えます。
    これら本部からの支援策を受けられれば、FC方式での介護事業は個人事業より、損益分岐点がはるかに低くなるというメリットがあります。

但し、この支援策は事業者によって内容が大きく異なります。
FC加入の際の本部選びは、慎重に検討してください。

 
よくわかるFC介護ビジネス起業ガイド